*

【水素水の効果や効能】水素水のマウスにおける認知機能の低下予防作用

水素水に関する学術文献 マウスに長期間身体拘束を与えると、脳内の酸化ストレスが亢進し、学習・記憶の認知機能が低下した。 水素分子を飽和させた水素水を当該マウスに自由摂取させ、脳内酸化ス

続きを見る

【放射線・放射能】地球上で放射能が強いTOP10【1位は福島】

2014/08/11 | 放射能・放射線

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が発表されました。 チェルノブイリや福島原発などは知っている方も多いのですが、 それ以外にも実は原発事故が発生し、今も放射能が漏れ続けている 場所がある

続きを見る

【活性酸素】がん光線力学療法で活性酸素を選択検出できる蛍光プローブ開発

2014/08/09 | 活性酸素

大阪大学産業科学研究所の真嶋哲朗教授らの研究グループは、がん治療の光線力学的療法(PDT)を実施した際、周辺分子との反応で細胞内に発生する活性酸素(一重項酸素)を選択的に検出できる蛍光プローブ

続きを見る

【放射能・放射線】福島市HPが公開した“ズッコケ放射能対策”の一部始終

忌まわしい原発事故から3年以上が経過してもなお福島県民が受けた被害はいまだ完全には回復されていない。 そんな中、福島市がHPに何とも“ズッコケ”な放射能対策をアップした。 こんなんで「放射線に

続きを見る

【冷えと活性酸素】冷えで活性酸素を中和できず、老化が進行!

冷房でカラダが冷えやすい夏、実はこの冷え、老化(エイジング)も進めているって、ご存知ですか? 活性酸素を中和できず、老化が進みやすくなる 『WACOAL BODY BOOK』による

続きを見る

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか?

<span style="color: #ff0000;">※このページの最下部に衝撃の写真が掲載してあります。ご注意下さい※</span> 1986年4月26日

続きを見る

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超

2014/08/07 | 放射能・放射線

東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29日に開かれた文部科学省の検討会で報告された。 立ち入りが制限されている警戒区域や計画的

続きを見る

【チェルノブイリ】チェルノブイリ原発事故とは?

爆発後のチェルノブイリ原発4号炉  1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブ

続きを見る

読み物:菅谷昭さん講演録「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

もともと私はcの専門医で、信州大学に勤務していました。チェルノブイリの医療支援を始めたのは、事故から5年後の1991年。松本市に事務局があるNPO、日本チェルノブイリ連帯基金の活動に参加し、汚染地域の

続きを見る

チェルノブイリの甲状腺がん発症状況は

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん ■事故当時0~3歳で多発食品の摂取制限取らずに  昭和61年に発生したチェルノブイリ原発事故の影響によって子ども

続きを見る

PAGE TOP ↑