*

【放射線・放射能】地球上で放射能が強いTOP10【1位は福島】

公開日: : 放射能・放射線

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が発表されました。

チェルノブイリや福島原発などは知っている方も多いのですが、
それ以外にも実は原発事故が発生し、今も放射能が漏れ続けている
場所があると言うのです。

原発は安全というのはいったいなんだったのか?
と疑うような事故例の多さです。

第10位ハンフォード:アメリカ
第10位ハンフォード:アメリカ

第9位:地中海
原発ではなく、放射性物質を乗せた船が1994年に
消息を絶っている事件があるそうです。
この事件は一切明らかにされず、謎とされております。
第9位:地中海

第8位:ソマリア海岸
ソマリア海域に政府によって放射性核廃棄物が
捨てられたのではないかと疑われております。
第8位:ソマリア海岸

第7位:マヤック(ロシア)
1957年9月29日、ソ連ウラル地方チェリャビンスク州で
発生したウラル核惨事と呼ばれる原子力事故によるものです。
第7位:マヤック(ロシア)

第6位:セラフィールド(イギリス)
イギリスの西海岸に存在しており、何度も事故を起こしており、
地域住民からの反発も非常に大きい地域だ。
第6位:セラフィールド(イギリス)

第5位:シベリア化学工場(ロシア)
シベリアには40年間以上核廃棄物を保存している化学工場があるそうです。
しかも保存状態はかんばしくなく、徐々に放射能が漏えいしていると言われている。

第4位:ポリゴン(カザフスタン)
ソ連の核実験施設として利用され多くの放射能を撒き散らしている。
第4位:ポリゴン(カザフスタン)

第3位:マイルースー(キルギスタン)
ウランなどの産出の為に鉱山として利用されているが、
地震などの影響により崩壊し汚染された水が川に流れ出しており、危険だと言う。
第3位:マイルースー(キルギスタン)

第二位:チェルノブイリ(ロシア)
ココで出てきてしまった、チェルノブイリ。
25年以上経過した今もなお放射能を撒き散らしている。
福島の事故が起こる前は唯一のレベル7の原発事故だった。
第二位:チェルノブイリ(ロシア)

第1位:福島(日本)
第1位:福島(日本)

チェルノブイリ原発事故を抑えて、
1位を飾ってしまった不名誉な原発事故を抱えた福島。

何より恐ろしいのが、今もなお高濃度の放射能が
まきちらされているであろう、という推測にしか過ぎない情況であり、
情報の統制がとれていない状況であること。

チェルノブイリと同様徐々にその情況が明らかになるのでしょう。

さて、今回のトップ10は残念なことに日本が1位を飾ってしまった。
しかし冒頭で述べたようにIAEA等が出したデータではなく、
あくまで海外ではそう思っているという文献に過ぎないので
順位の信憑性は謎ですが、海外ではそう思われてと認識はすべきでしょう。

関連記事

原発

「原発は安い」は本当なのか

記事 金子勝 2013年12月18日 11:46 経産省は、原発のコストについても、2011年

記事を読む

チェルノブイリ

【チェルノブイリ】チェルノブイリ原発事故とは?

爆発後のチェルノブイ

記事を読む

チェルノブイリ原発

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか?

<span style="color: #ff0000;">※このページの最下部に衝撃の

記事を読む

放射能マーク

放射能の影響で体内に発生した活性酸素を水素水が除去

放射能と水素水の週刊誌で記事ごご紹介します! ※週刊誌※ 放射能はなぜ身体によくないのか。 一

記事を読む

何が起こるの

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」は区別できるらしい

2014年の8月24日(日)のサンデーモーニングで、 医療技術が進歩し過ぎて、人としての倫

記事を読む

菅谷昭

読み物:菅谷昭さん講演録「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

もともと私はcの専門医で、信州大学に勤務していました。チェルノブイリの医療支援を始めたのは、事故から

記事を読む

青い布

「青い布」で放射能を除染

東京大学生産技術研究所の石井和之教授は、分子科学を医療や健康の分野で生かす研究をしている。研究室で独

記事を読む

警戒区域

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超

東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29

記事を読む

放射線に負けないからだをつくろう

【放射能・放射線】福島市HPが公開した“ズッコケ放射能対策”の一部始終

忌まわしい原発事故から3年以上が経過してもなお福島県民が受けた被害はいまだ完全には回復されていない。

記事を読む

チェルノブイリ

チェルノブイリの甲状腺がん発症状況は

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん ■事故当時0~3歳で多発食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑