*

肌の夏疲れは今からケア。活性酸素を追い出そう!

公開日: : 活性酸素 ,

紫外線

紫外線や冷房による乾燥で、肌ダメージは深刻になります。
この「肌の夏疲れ」で適切なケアをしないで放っておくと、
ひと夏で3歳も老けてしまうという指摘もあるほどです!

そんな「肌の夏疲れ」対策として、
最近、話題となっているのが『肌の免疫力』です。

真夏の強力な紫外線で肌はボロボロ

夏の紫外線量は冬の2倍。
紫外線は、肌の奥の真皮にまで侵入してシミやシワを作るのでとても厄介。

そして、肌を守ろうとして発生するのが「活性酸素」。

でも、この活性酸素こそ、
メラニンを増やしたり、コラーゲンの生成を妨げるなど
肌トラブルの原因で、肌をサビさせて細胞のDNAを傷つけてしまう疫病神!!!

肌が傷つくと、毛穴から外敵が侵入しやすくなり、
「にきび」や「吹き出物」が出来たり、
「乾燥肌」や「敏感肌」になってしまうこともあります。

そこで外敵が侵入してこないよう、
ブロックするために必要になってくるのが「肌の免疫力」。

偏った食生活や疲労、ストレスによって免疫力は低下してしまいます。
つまり、夏バテしてしまう夏こそ、しっかりしたお肌の対策が重要なのです。

活性酸素を除去して、肌に活力を!

免疫力を高めるには、「抗酸化物質」を多く含む食材を摂ることが大切。

抗酸化物質が豊富な食材には、野菜や海草、大豆、牛肉、麹、緑茶、オリーブオイルなどがあり、
それらを摂取することで活性酸素を取り除いてくれます。

牛肉の赤身はカラダを温めて免疫力を高めてくれるほか、
発酵食の麹とオリーブオイルに含まれるオレイン酸やポリフェノールが
肌の調子を整えてくれます。

また、野菜はできるだけ農薬を使っていない野菜が理想的です。

野菜は活性酸素を除去してくれますが、
野菜の栽培で使用される農薬は活性酸素を増やす原因なります。

無農薬や有機野菜を食べたり、しっかり水洗いをしたいものです!

このように「肌の夏疲れ」には、特別なことをすることではなく、
毎日の生活で活性酸素をためない食生活、またはライフスタイルが大切です。

このような活性酸素をためない食生活・ライフスタイルを続けることができれば
日本は、さらに長寿国になるかもしれませんね。

関連記事

細胞内での一重項酸素を可視化する蛍光プローブ(真嶋教授提供)

【活性酸素】がん光線力学療法で活性酸素を選択検出できる蛍光プローブ開発

大阪大学産業科学研究所の真嶋哲朗教授らの研究グループは、がん治療の光線力学的療法(PDT)を

記事を読む

寒さに震える女性

【冷えと活性酸素】冷えで活性酸素を中和できず、老化が進行!

冷房でカラダが冷えやすい夏、実はこの冷え、老化(エイジング)も進めているって、ご存知ですか?

記事を読む

リコピンたっぷりトマト

女性こそ紫外線のケアは必須!【活性酸素】

連日続く猛暑日。 熱中症や汗のニオイなど気になることは多々あります。 特に、アラサー

記事を読む

赤ワイン

【活性酸素】赤ワインに含まれる「ポリフェノール」には強力な抗酸化作用がある!

キレイのためのお酒といえば「赤ワイン」。 赤ワインに含まれる「ポリフェノール」に強力な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑