*

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」は区別できるらしい

公開日: : 放射能・放射線

何が起こるの

2014年の8月24日(日)のサンデーモーニングで、
医療技術が進歩し過ぎて、人としての倫理を超えてはいないか?

というような内容の特集がありました。

その中で金子勝氏の発言がとても興味深いもので

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」は
今の医療技術で、判別ができるというもの。

こうゆう技術を適切な場所、
つまり福島で使わないといけないというものでした。

さらに、驚いたことに、

放射能の癌(ガン)と通常の癌(ガン)では、
治療法が違うそうです。

私は、こんな技術があることを初めてしりましたし、
放射能の癌と通常の癌の治療方法が異なる事も初めてしりました。

このような事って、国や福島県や医療関係者の方は、
知らないのでしょうか? 疑問が残ります。

福島県では、小児甲状腺がんが、疑いを含め104人になったそうです!

原発の被害は、もっと拡大するように思います。

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」の判別ができる技術があるのなら、
早期に取り入れてほしいと思いました。

関連記事

放射線に負けないからだをつくろう

【放射能・放射線】福島市HPが公開した“ズッコケ放射能対策”の一部始終

忌まわしい原発事故から3年以上が経過してもなお福島県民が受けた被害はいまだ完全には回復されていない。

記事を読む

警戒区域

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超

東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29

記事を読む

第1位:福島(日本)

【放射線・放射能】地球上で放射能が強いTOP10【1位は福島】

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が発表されました。 チェルノブイリや福島原発などは知って

記事を読む

チェルノブイリ

チェルノブイリの甲状腺がん発症状況は

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん ■事故当時0~3歳で多発食

記事を読む

チェルノブイリ

【チェルノブイリ】チェルノブイリ原発事故とは?

爆発後のチェルノブイ

記事を読む

青い布

「青い布」で放射能を除染

東京大学生産技術研究所の石井和之教授は、分子科学を医療や健康の分野で生かす研究をしている。研究室で独

記事を読む

チェルノブイリ原発

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか?

<span style="color: #ff0000;">※このページの最下部に衝撃の

記事を読む

放射能マーク

放射能の影響で体内に発生した活性酸素を水素水が除去

放射能と水素水の週刊誌で記事ごご紹介します! ※週刊誌※ 放射能はなぜ身体によくないのか。 一

記事を読む

原発

「原発は安い」は本当なのか

記事 金子勝 2013年12月18日 11:46 経産省は、原発のコストについても、2011年

記事を読む

菅谷昭

読み物:菅谷昭さん講演録「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

もともと私はcの専門医で、信州大学に勤務していました。チェルノブイリの医療支援を始めたのは、事故から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑