*

「青い布」で放射能を除染

公開日: : 放射能・放射線

東京大学生産技術研究所の石井和之教授は、分子科学を医療や健康の分野で生かす研究をしている。研究室で独自に開発した分子を使ってがん細胞中のビタミンCを赤く光らせることにも成功。2011年3月の東日本大震災後には、放射能除染に役立つ「除染布」を東大生産研の迫田章義教授、工藤一秋教授、立間徹教授などと共同開発している。

青い布

 
──放射性セシウム除染布の開発に至った経緯を教えてください。

福島第一原子力発電所の事故があったのはご存じの通りだと思います。私は茨城北部の出身で、東北大学に通っていたこともあり、福島県の力になりたいと思って東大生産研の先生方に声をかけました。最初はヨウ素の研究を考えましたが、すぐに結果が出せないので断念。セシウムは何十年も続く課題なので、われわれにもできる研究があるだろうと考えました。

──いつ頃、完成したのでしょうか。

実は、2011年5月の時点ですでにできていましたが、当時は情報が入り乱れていたので公表しませんでした。技術をきちんと使える段階まで向上させて、2012年5月にプレスリリースしたというわけです。

──除染方法はどのように見つけたのでしょうか?

顔料にも使われる「プルシアンブルー」は、もともとセシウムを吸収することで知られていました。粉状のプルシアンブルーを除染したい場所にまけば、セシウムを吸ってくれますが、その粉を回収する方法がありませんでした。われわれはタオルを2種類のプルシアンブルー原料溶液に浸してみたところ、うまくタオルの繊維にプルシアンブルーを固定することに成功しました。

──その後の検証はどのように進めましたか。

研究室では方法論を確立できましたが、実際に沼地とか海とか塩分濃度が高いところでもセシウムを吸収できるのかを実験しました。事故後、福島県内でちょろちょろ流れていた水にタオルを浸けました。電気も使用しづらい環境だったので、風で自然乾燥させた後に、測定してみたら「ビビビ」と反応を示したんです。手応えを得たわれわれは、電気が使用しやすい場所で本格的に除染の実験を開始しました。それと平行して除染布がたくさん供給できる体制を作りました。

──除染布を発表後の反応はどうでしたか。

企業から作りたいという問い合わせや、自治体から実際に使いたいという要望などいろいろな反応をいただいています。社会に役立つ研究をしたいという思いが年々強まっています。今後さらなる改良を施して除染作業に貢献したいと思っています。

──ところで、そもそも研究者を志したきっかけは何だったのでしょう。

高校生の頃に文系か理系を選択する際、「末は博士か大臣か」という言葉を考えました。博士か大臣かというのは一番頂点という意味ですが、自分の熱中した仕事を社会に還元できるので、研究者は魅力的な職業だと思います。

アスキークラウド2月号(12月24日発売)では「研究者18人に聞いた 日本の先端技術」と題し、2014年以降に注目する研究を取材した。特集内では家庭で手軽に使える簡易血液検査キットの実用化を目指す石井教授が開発した血中のビタミンCを光らせる研究について紹介している。

引用元:http://ascii.jp/elem/000/000/853/853542/

<span style=”font-size:medium;”></span><span style=”font-size:x-small;”></span><br /><strong></strong><span style=”font-size:medium;”></span><strong></strong>

関連記事

原発

「原発は安い」は本当なのか

記事 金子勝 2013年12月18日 11:46 経産省は、原発のコストについても、2011年

記事を読む

放射線に負けないからだをつくろう

【放射能・放射線】福島市HPが公開した“ズッコケ放射能対策”の一部始終

忌まわしい原発事故から3年以上が経過してもなお福島県民が受けた被害はいまだ完全には回復されていない。

記事を読む

第1位:福島(日本)

【放射線・放射能】地球上で放射能が強いTOP10【1位は福島】

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が発表されました。 チェルノブイリや福島原発などは知って

記事を読む

チェルノブイリ

【チェルノブイリ】チェルノブイリ原発事故とは?

爆発後のチェルノブイ

記事を読む

菅谷昭

読み物:菅谷昭さん講演録「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

もともと私はcの専門医で、信州大学に勤務していました。チェルノブイリの医療支援を始めたのは、事故から

記事を読む

警戒区域

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超

東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29

記事を読む

何が起こるの

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」は区別できるらしい

2014年の8月24日(日)のサンデーモーニングで、 医療技術が進歩し過ぎて、人としての倫

記事を読む

チェルノブイリ原発

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか?

<span style="color: #ff0000;">※このページの最下部に衝撃の

記事を読む

チェルノブイリ

チェルノブイリの甲状腺がん発症状況は

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん ■事故当時0~3歳で多発食

記事を読む

放射能マーク

放射能の影響で体内に発生した活性酸素を水素水が除去

放射能と水素水の週刊誌で記事ごご紹介します! ※週刊誌※ 放射能はなぜ身体によくないのか。 一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑