*

「原発は安い」は本当なのか

公開日: : 放射能・放射線

記事 金子勝 2013年12月18日 11:46

経産省は、原発のコストについても、2011年12月にコスト等検証委員会が出した8.9円/kWhで、石炭火力の9.4円/kWh 、LNGガスの10.7円/kWhより安い数値を使っています。これはモデルプラントを使って50基全部が動くことを前提にシミュレーションで試算したもので、いまや非現実的なものです。

まず原発は追加安全投資で約2兆円ほどかかりますが、これもかなり過少な数字です。欧州の原発には、メルトダウンしても受け止めて冷却設備に流し込むコアキャッチャーを装備するようになってきています。安倍首相は、「世界一の安全基準にする」と言っていますが、コアキャッチャーは原子力規制委員会の新安全基準には含まれていません。コアキャッチャーなどを標準装備すれば、さらに多額の費用がかかります。

賠償・除染費用は少なくとも10兆円になります。

ところが、政府は、汚染土をフレコンパックに詰め込み野積みにする中間貯蔵施設方式をとり、東電も認めていた5兆円かかる除染費用を2.5兆円に削ろうとしています。その背後には、東電を救済する政府と、自らの予算を削られまいとする日本原子力開発機構が、東京ドーム20個分以上と言われる巨大な汚染土の山を築く方式を推進し、これ以上、土を剥がすなとしています。

その日本原子力開発機構出身の田中俊一原子力規制委員長は、20mSvでいいと言い、賠償打ち切りを主張してきました。

そして環境省は、東電・ゼネコンと一体化して、100分の1に減容できるセシウム回収型焼却炉付き森林バイオマス方式を拒否しています。東電救済のために、必要な費用を出さずに失敗してきた事故対策を全く反省していません。

こうして見てくると、安全投資、賠償・除染費用は少なくとも12兆円以上はかかります。燃料費の1.5兆円とは比べものにならないくらい大きい数字です。それらが原発の発電単価を押し上げています。

さらに、政府も原発依存を出来るだけ下げるとしていますが、原発は40年で減価償却し、廃炉の引当金を積むことになっているので、もし途中で廃炉にすると、原子力発電施設と核燃料の残存簿価、廃炉引当金の不足が生じ、特別損失として計上しなければなりません。現時点で原発50基をすべて廃炉にすると、少なくとも4.4兆円はかかることになりますが、これには原発サイトの共用施設分が含まれていませんので、過小評価の可能性があります。ともあれ実際に、50基を廃炉にすると、いくつかの電力会社が経営破綻する恐れが出てきます。

それゆえ、電力会社は安全軽視で原発を再稼働させたくなるのです。

問題は、再稼働する原発が少なければ少ないほど、原発の発電単価は上昇することになることです。廃炉にする原発の廃炉引当金不足額が生じ、しかも稼働する原発の数が少ないほど、分母が小さくなり、原発のコストは高くなるからです。今回のエネルギー計画は、電源構成の具体的数値をあげずに、そのことを隠そうとしています。

私は、拙著『原発は火力より高い』(岩波ブックレット)において、50基中28基を廃炉にして、2兆円の安全投資、10兆円の賠償・除染費用、28基分の廃炉費用を乗せて、政府のシミュレーション方式を使って試算したところ、原発の発電単価は17~35円/kWhになりました。火力のおよそ2倍です。もはや原発の経済性は全くないと言ってよいでしょう。

問題はこの廃炉費用を経済産業省の省令だけで電気料金に乗せられるようにしたことです。それによって、料金負担は新電力と契約できない家庭(国民)や自家発電を持たない中小企業にかかってきます。原発は不良債権そのものであり、その抜本的処理が必要なのです。

そのためには、以下の手続きが必要です。

①まず電力会社に原子力発電施設と核燃料の残存簿価、廃炉引当金の不足額に当たる株式を発行させ、それを政府が買い取ります。

②そのうえで、電力会社を発電会社と送配電会社に分離し、原発を電力会社から切り離して、すでに事実上破綻している日本原子力発電に集めることが大事です。日本原電は基本的に廃炉専門会社になります。もし少数の原発を動かすことになったとしても、少なくとも電力会社の経営事情に左右されずに、高い安全基準を設定して時間をかけて原発の安全性を見ることができます。

③一方、原発=不良債権を切り離すことで電力会社の経営は健全になり、電力会社に多く貸付けている銀行はこれで不良債権を処理することができます。

④国が買い取った電力会社の株は、原発を切り離して健全化した電力会社が買い戻してもいいし、一般に売却してもいい。少なくとも国民や中小企業が負担を負うことなく原発を処理することができるようになります。

経産官僚や古い産業構造を代表する経団連の一部リーダーの無責任体制を守るために、コストが異常に高い原発を再稼働して、産業構造の転換に遅れれば、「失われた30年」になってしまいます。

原発=不良債権の処理を急がないといけません。

*参照:拙著『原発は火力より高い』(岩波ブックレット)

出典 http://blogos.com/article/76138/?p=2

関連記事

チェルノブイリ原発

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか?

<span style="color: #ff0000;">※このページの最下部に衝撃の

記事を読む

何が起こるの

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」は区別できるらしい

2014年の8月24日(日)のサンデーモーニングで、 医療技術が進歩し過ぎて、人としての倫

記事を読む

青い布

「青い布」で放射能を除染

東京大学生産技術研究所の石井和之教授は、分子科学を医療や健康の分野で生かす研究をしている。研究室で独

記事を読む

放射線に負けないからだをつくろう

【放射能・放射線】福島市HPが公開した“ズッコケ放射能対策”の一部始終

忌まわしい原発事故から3年以上が経過してもなお福島県民が受けた被害はいまだ完全には回復されていない。

記事を読む

第1位:福島(日本)

【放射線・放射能】地球上で放射能が強いTOP10【1位は福島】

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が発表されました。 チェルノブイリや福島原発などは知って

記事を読む

菅谷昭

読み物:菅谷昭さん講演録「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

もともと私はcの専門医で、信州大学に勤務していました。チェルノブイリの医療支援を始めたのは、事故から

記事を読む

警戒区域

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超

東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29

記事を読む

放射能マーク

放射能の影響で体内に発生した活性酸素を水素水が除去

放射能と水素水の週刊誌で記事ごご紹介します! ※週刊誌※ 放射能はなぜ身体によくないのか。 一

記事を読む

チェルノブイリ

【チェルノブイリ】チェルノブイリ原発事故とは?

爆発後のチェルノブイ

記事を読む

チェルノブイリ

チェルノブイリの甲状腺がん発症状況は

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん ■事故当時0~3歳で多発食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑