*

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか?

<span style=”color: #ff0000;”>※このページの最下部に衝撃の写真が掲載してあります。ご注意下さい※</span>

1986年4月26日、チェルノブイリ原発で事故が発生しました。事故による影響は大きく、チェルノブイリのあった現在のウクライナだけではなく、隣国のベラルーシやロシアにも汚染が広がりました。当時のソビエト政府はチェルノブイリ周辺の区域の住民を避難させ、事故から一ヶ月後には原発から30km以内に居住する約11万6千人すべてが移住させられたそうです。

そのチェルノブイリは、現在どのような姿になっているのでしょうか。これはIAEA(国際原子力機関)によるチェルノブイリ訪問レポートです。

事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所4号炉。「石棺」と呼ばれる鉄筋コンクリート製の建造物で原子炉と中身を封じ込めていますが、その耐用年数は約30年だと言われており、かなり老朽化が進んでいます。

発電所があったプリピャチ市は緑に覆われていて、遠くに原発が見えます。

原発はプリピャチ川の河岸にあります。

廃墟。

誰も片付ける人がないため、荒れ放題。

人が少ないため、動物にとっては楽園になっているようです。

近くの村に住む家族連れ。

子供の数はけっこう多め。みんな事故があったことは知らない年齢です。

以下はElena Vladimirovna Filatovaという女性がチェルノブイリを訪問して詳細にレポートしたもの。ちなみに彼女の父親は核物理学者だそうです。

elenafilatova.com

チェルノブイリに近づいた人々や車両には化学薬品での消毒(除染作業)が行われます。

事故の直後に送り込まれた、陸軍兵士やその他の労働者で構成された清掃スタッフ。非常に軽装に見えますが、これは現場の危険性について何ら説明を受けていないためです。

がれきの撤去作業。

完全に建屋が吹っ飛んでいる4号炉。これは石棺に覆われる前。

家は自然に還りつつあります。

無人の団地群。

ソビエト連邦自体後期のよく整備された町並みを残しています。

日本のどこかの団地だと言われても納得しそうな風景。

野生のノロジカが道路を横切りました。

誰も管理しなくなった牧草地。

こちらはウクライナではなく、ベラルーシを訪問したもの。

野生のイノシシ。狩ろうとするものがいないので、快適な暮らしを送っているようです。

村には誰もいません。

汚染された村では、目の大きさがスイカほどあるような豚や、4つの角を持って生まれた牛、足が8本ある馬などが見られるとの報告もあるそうです……。

奇形の牛。

・参考リンク
秋田のフリーペーパー・ポスティング【あおぽ】

・引用元 http://gigazine.net/news/20110830_radioactive_material_chernobyl/

関連記事

チェルノブイリ

【チェルノブイリ】チェルノブイリ原発事故とは?

爆発後のチェルノブイ

記事を読む

原発

「原発は安い」は本当なのか

記事 金子勝 2013年12月18日 11:46 経産省は、原発のコストについても、2011年

記事を読む

放射能マーク

放射能の影響で体内に発生した活性酸素を水素水が除去

放射能と水素水の週刊誌で記事ごご紹介します! ※週刊誌※ 放射能はなぜ身体によくないのか。 一

記事を読む

第1位:福島(日本)

【放射線・放射能】地球上で放射能が強いTOP10【1位は福島】

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が発表されました。 チェルノブイリや福島原発などは知って

記事を読む

チェルノブイリ

チェルノブイリの甲状腺がん発症状況は

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん ■事故当時0~3歳で多発食

記事を読む

警戒区域

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超

東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29

記事を読む

放射線に負けないからだをつくろう

【放射能・放射線】福島市HPが公開した“ズッコケ放射能対策”の一部始終

忌まわしい原発事故から3年以上が経過してもなお福島県民が受けた被害はいまだ完全には回復されていない。

記事を読む

菅谷昭

読み物:菅谷昭さん講演録「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

もともと私はcの専門医で、信州大学に勤務していました。チェルノブイリの医療支援を始めたのは、事故から

記事を読む

何が起こるの

「放射能の癌(ガン)」と「通常の癌(ガン)」は区別できるらしい

2014年の8月24日(日)のサンデーモーニングで、 医療技術が進歩し過ぎて、人としての倫

記事を読む

青い布

「青い布」で放射能を除染

東京大学生産技術研究所の石井和之教授は、分子科学を医療や健康の分野で生かす研究をしている。研究室で独

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑