• KIYORABIトップページ
  • 初めてのお客様
  • KIYORABIの定期コース
  • お買い物ガイド
  • よくある質問
  • お問い合わせ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:¥0

カゴの中を見る

メディア掲載履歴


an・anのカラダに良いモノ大賞に選ばれました!

anan No. 1878

効果を実感!選りすぐり!
女性のカラダに良いモノ大賞発表!(2013年)

この特集では、an・anの編集部がカラダによいとされているアイテム厳選し、 「これは女性のカラダに良い」と実感した厳選アイテムのみが掲載されている特集になります!

この企画で、ナノ水素水キヨラビは、「噂のキレイになる水」として紹介されいます。
水素含有量で業界トップクラスとしても紹介されています。



週刊文春の水素水特集で、お墨付きを頂きました

以下、抜粋
測定するサンプルはあくまで小誌が選び、大手通販サイトやメーカーのホームページで購入。どの商品も同時期に発注し、商品が揃ってから、一斉に計測した。水素水は開封して時間が経つと水素が抜けてしまうため、それぞれ開封直後に「溶存水素濃度判定試薬」(MiZ株式会社)を使い、水素濃度を計測した。

その結果が下の一覧表。公平を期するため、太田教授の研究室に同じ商品を持ち込み、ユニセンス社製のニードル型溶存水素測定器で計測してもらった。

だが、結論から言えば、小誌と太田教授の計測値に大きな違いはなく、非常にわかりやすい結果が出た。

ひとつの目安として「飽和水素水」、つまり何の圧力もかかっていない状態で、最も高い濃度の水素水の数値が1.6ppm。通常ではこれが最も高い水素濃度である(ppmとはparts per millionの略。100万分のいくらであるかという割合を示す単位で1ppm=0.0001%)。

9つの水素水の中で、濃度が高かったのは、アルミパウチに封入された「水素たっぷりのおいしい水」、「高濃度ナノ水素水スパシア」、「ナノ水素水キヨラビ」の3つ。これらには太田教授も太鼓判を押す。