• KIYORABIトップページ
  • 初めてのお客様
  • KIYORABIの定期コース
  • お買い物ガイド
  • よくある質問
  • お問い合わせ
電話番号の画像(サイド)

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:¥0

カゴの中を見る

放射能に勝つ食材・水とは・・・

福島の原発事故以来、放射性物質の不安は全然なくなりません。
少々、昔の雑誌の情報になりますが、【放射能に勝つ「食材」「水」】(日本医科大学大学院教授-太田成男教授)という2011年4月28日の週間文春に掲載された記事をご紹介します。


そもそも放射線はなぜ身体に良くないのか?

一般的に放射線は、有機水銀やヒ素のように体内に蓄積されて毒が身体を蝕んでいくと考えられている方が多いようである。 だが事実はそうではない。

簡単に説明すれば放射線は、体内に入ると水分子と反応し、活性酸素を生み出す。
厄介なのは、この活性酸素が体内のDNA(遺伝子)を破壊する作用を持っていることだ。


活性酸素は、普段から呼吸した酸素の約1~2%は副次的に生み出されている。 これらの作用により人間は、1日10万箇所くらいのDNAが自然に壊れいるが、ほぼ同数が再生される。

ところが被爆すると更に余分な活性酸素が生まれ、DNA(遺伝子)が余計に破壊されてしまう。
DNAの再生が追いつかなくなるくらいに、その破壊が多くなった場合にだけ、ガンなどの重大な障害を引起すのである。


つまり要約すると、余分な活性酸素を排除することが出来れば、少々放射線を浴びたとしてもガンになったりしないそうです。

また大人よりも心配なのは、「胎児」「乳幼児」「子ども」たちです。
「胎児」「乳幼児」「子ども」たちは、DNAが増えている途中なので放射線の影響をとても受けやすい、と話されています。

活性酸素は、最近いかに取り除くかが話題になっていますが、 この活性酸素を除去するにはどのような食材がいいのか、週間文春では以下のような食材がピックアップされています。

ニンジン・赤ピーマン・トマト・ほうれん草・ブロッコリーの新芽などの野菜、昆布・ひじきなどの海草類、鮭・タコ・イカが紹介されています。

またもう1つ「水素水」で推薦されています。
水素水には、活性酸素を除去・排出することがわかっていますので、放射能や放射線で悩んでいる方にはとてもオススメできる飲料水です。

最近では、放射線対策として水素水の可能性をNASAでも研究されています。

放射能・放射能・放射性物質の本当の恐怖が、「活性酸素」を大量に発生させることなので、予防策としては、活性酸素を排出するような食材を日常生活で取り入れることになります。 その他にも、活性酸素を大量発生させる「喫煙」「飲酒」「過剰な運動」「極度のストレス」「紫外線」「食品添加物」「農薬」などを出来るだけ避けるような生活がポイントになるといえます。

2011年4月28日の週間文春の【放射能に勝つ「食材」「水」】
【放射能に勝つ「食材」「水」】2ページ
【放射能に勝つ「食材」「水」】3ページ